FOOD 7色バランス食事法

7色バランス食事法 メニュー開発
7色バランス食事法
『色で心と体をより元気に』

食事は、毎日のもの。だからこそ、この積み重ねが心や体に与える影響は大きいのです。7色バランス食事法は、赤、橙、黄、緑、紫、黒、白の7色の食材をバランス良く摂る事で、健康・美容はもちろん、心の充足までを目指した食事法です。

7色バランス食事法でできること

「できるだけ簡単に、美味しく健康的に食べたい」そんな方にぴったりなのが、7色バランス食事法です。色さえ意識すれば、自然と栄養バランスが整い、見た目にも美味しそうな彩りがうまれます。

「人は目で食事をする」という言葉があるように、美味しさは、味覚そのものだけでなく、視覚からの情報に大きく左右されるもの。食材そのものの色は勿論、盛りつけの配色によって色の鮮やかさを際立たせたり、器の色で、お料理の味・温度を引き立たせたり……色を活用することで、目でも楽しみながらより満足感の高い食事をすることができるのです。

また、第7の栄養素とも呼ばれ、野菜や果物の色素などに含まれるファイトケミカル(植物栄養素)にも注目。例えば、トマトなどに含まれる赤い色素のリコピンは、β-カロチンの2倍の抗酸化作用があるといわれています。緑のクロロフィル、紫のアントシアニン……など、植物が自らを守る為に作った成分は人間にとっても大変有用で、がん予防の分野でも研究が進められています。

また色そのものが、心や体に密接に関係しているってご存知ですか? カラーセラピーは色彩療法ともいわれ、色の生理的、心理的効果を使って心身のバランスを取ることを目的とした療法のことです。その時の心理状況によって、惹かれる色があることや、色で気分が変わるなど、少なからず経験があるのではないでしょうか。 その時に必要な色を食事で摂ることßでも心のケアが期待できます。